単身赴任 必要 生活必需品 リスト

転勤で単身赴任を選択する理由には各家庭の事情があった

転勤を言い渡されたときに単身赴任を選ぶ家族も結構います。
その理由にもいろいろな事情があり、いろいろな心情があり、いろいろなタイミングがあります。

 

 

  • 子供の問題

 

子供が受験などで転校をしたくないという場合が多いです。

 

  • 持ち家の問題

 

ローンで家を買った、人に貸せない、住宅ローン減税が受けたいなどのことから、単身赴任に踏み切ることもあります。

 

 

また、妻の仕事が辞められない、辞めたくないという事情もあったり、親の面倒があるという場合もあるかも知れません。

 

 

同じ理由でも単身赴任期間が1年とか2年と決まっているなら、単身赴任でもいいということもあります。

 

 

ですが、10年になるかも知れないし分らないという場合は判断が変わることもあるでしょう。

 

 

また、距離的にそんなに遠くないので、毎週帰れるから単身赴任をしたという場合もあります。

 

逆に東北から九州になんていうことなら、家族で移ることになる場合もあるでしょう。

 

 

このようにいろいろな理由、状況がありますが、安易に単身赴任を決めないようにして欲しいということです。
どんな理由があっても単身赴任は家族崩壊につながる可能性が高いためです。

 

 

また夫婦の関係が崩れかかっているからこそ、単身赴任をきっかけにちょっと別居するのもいいという人もいますが、夫婦関係が悪いほど単身赴任では関係が最悪に向かいます。

 

本当に単身赴任がうまくいくのは、夫婦間での関係が良好でお互いに離れていても感謝を忘れないでいられることではないかと思います。

単身赴任が決まったらすべきことは準備時間によって変わる!

単身赴任が決まったらすべきことはいっぱいあります。
単身赴任までの時間的余裕によっても違ってきます。

 

また必需品をすべて揃えるのは難しいので、現地に行ってから揃えることも検討しておくことをおすすめします。

 

 

生活関連の道具は必要最低限のものだけを揃えましょう。

 


生活必需品の前にしなければいけないこと

 

  • まず引っ越し先を決めること
  • 入居可能日が決まったらすぐに引っ越し屋さんを決めること

 

この2つが時間がない場合、制限を一番受けやすいのでご注意ください。

 

あとは忘れずに引っ越し先の水道局、電力会社、ガス会社などに引っ越しの連絡をします。

 

 

電気製品・家具


 

電気製品は大手の家電店だと支店が全国網羅しているので配達も自由になりますし、設定工事などがあっても引っ越し日指定で申し込めます。

 

もちろん電気製品を買う場合は、現地に配達するようにします。

 

家具も多くのものは後で購入するようにし、ローテーブルと組み立て式3段ボックスを3個ぐらいと、簡単な生活用品を購入しましょう。

 

これらも大手家具店などでは全部そろい、直接引っ越し当日に届けてもらえる事ができます。

 

 

引越しでもっていくものを少なくすると、単身赴任パックで運べるので、費用が安く抑えられます。

 

最近では、ネット環境が当たり前になっているので、住まいに引くか、ポケットルーターなども考えておきましょう。

 

 

転勤は急に決まる事が多いので、どうしても焦ってしまいます。
まずはやるべきことをメモし、順番に一つずつ確実に準備していくといいですね。

 

余計なことをせず、必要なことを確実にやっていくということが一番大切です。