単身赴任 必要 家具 テーブル

単身赴任の必需品【家具編】最初は必要最低限だけ揃えればよい

単身赴任が決まったらすぐに家具はどうしたらいいのでしょう。

 

まず、家具を揃えるにはちょっとしたポイントがあります。

 

家具すべてを自宅で揃えようとしないこと

 

 

単身赴任先に行ってから、ゆっくり時間を掛けて、本当に必要なものを購入する、そんな心構えの方が落ち着いて対処できます。

 

 

例えば最初は知らない町のため買い物も大変です。
ですが、買い物の必要があっって、あちこち動き回ることでその町の環境に慣れるものなのです。

 

家具は必要最低限のものがあれば、引っ越して落ち着いてからでも大丈夫です。

 

どういうものが本当に欲しいのかということなど、単身赴任前にすべて考えようとする必要はないのです。

 

部屋に入ってみて、こんなふうにしてリラックスしたいなど、いろいろな希望も出てきます。

 

 

では、実際に必要な家具をピックアップしてみます。

 

 


  • ハンガーラック

  • 衣装ケース

  • テーブル(ローテーブル、ダイニングテーブルなど)

  • 3段ラック

  • ベッド(必要に応じて)

  • カーテン

 

 

 

ハンガーラックがあれば衣服を20着はかけることができます。

 

下着やシャツなどを収納する衣装ケース。

 

 

食事や小物の置き場としてのテーブル。

 

何にでも使える3段ボックスは2,3個あると便利です。
組み立てる前の状態で引っ越し荷物に入れれば場所もとりません。
値段も1,500円ほどですので、お財布に優しいですね。

 

カーテンは窓の寸法が分かれば事前に購入しておいた方がよいです。

 

 

他にも、個人的に必要なモノは持っていきましょう。

 

また、クッションや、サイドボード、本棚などは、実際に現地で生活して必要であれば購入しましょう。

 

引越し時は、お金が予想以上に掛かり、家計に負担が掛かるので、必要最小限におさえ後々購入することをお薦めします。

 

 

スポンサードリンク

単身赴任の必需品【家具編】最初は必要最低限だけ揃えればよい関連ページ

最低限必要なモノ
単身赴任生活の必要品は、布団などの家具、洗濯機・冷蔵庫などの家電、さらに衣類などの日用品など多数あります。引越ししてすぐに生活できるように住居に合わせて、最低限必要な物を準備しましょう。
家電
単身赴任の引越し先に必要な家電は、まず生活するために必要かどうかで判断しましょう。荷物が多くなったり、買い過ぎたりすると費用がかさむのでその辺のバランスが大事ですね。購入した場合は当然引越し先に送ってもらいましょう。
家電・家具はレンタル、購入どっちがお得!?
単身赴任をする際の悩みの一つが家電、家具を購入するかレンタルするか?単身赴任する場合誰もが一度は考えます。そんな時は、単身赴任の期間で決めてしまいましょう。2年以内ならレンタル、2年以上なら購入がコストパフォーマンスが安くなります。